MENU TEL

カテゴリ一覧

交通事故と花粉症

2017.03.25 | Category: 未分類

 もうすぐ3月も終わり、いよいよ春らしくなってきましたね。これから桜も咲きだしますので、お花見に行ったりと外出する機会も増えていくと思います。
 暖かくなってくるのはとてもうれしい事なのですが、みなさん花粉は大丈夫でしょうか?
 花粉症の症状は、くしゃみ・鼻水・目のかゆみですが、これが何時間も何日も続いたら疲れてしまいますよね?集中力が切れてしまったり、ぼーっとすることも多くなるのではないでしょうか?
 なにかが飛び出してきた際にとっさの判断が出来ないという状態は、車を運転する上ではとても危険なことです。
 この花粉症が影響しておこる交通事故の種類は、居眠り運転と同じようなものになります。
 たとえば、ぼーっとしていて前の車が止まっていたり減速したことに気付かず、あわててブレーキを踏んだが間に合わずぶつかったり、間に合っても後続車が間に合わずに後ろから追突されるような事故が発生しやすくなります。
 中には花粉症の薬を服用しているから大丈夫だと思っている方もいらっしゃると思いますが、その薬の種類によっては副作用として眠気が現れてしまうものもあります。これは抗ヒスタミン成分が入っているもので、花粉症の薬以外の風邪薬などにも配合されていることもありますので、服用する際にはご注意下さい。

交通事故 交通外傷

2017.03.15 | Category: 未分類

 交通事故によるケガは、一般的に非開放性(皮膚や粘膜の断裂はありませんが、皮膚や深部組織・臓器の損傷があるもの)のものが多いため、出血等の外傷がないからといって油断大敵です。
 特に自動車同士や対壁衝突では、ドライバーはハンドルやダッシュボード、フロントガラスに体を強打していることも少なくありません。
 これを総称してドライバー外傷と呼びます。この外傷の受傷部位は以下のとおりです。

 ・頭部・顔面 ⇒ フロントガラス外傷(40 ~ 45%)
 ・胸部・腹部 ⇒ ハンドル外傷(20 ~ 30%)
 ・骨盤・上肢・下肢 ⇒ ダッシュボード外傷(10%)

 また歩行者の交通事故の外傷では、まず車にぶつかった時の直接衝撃(一次衝撃)と、道路にたたきつけられる時の衝撃(二次衝撃)があります。この二次衝撃により、頭部の外傷が多く見られます。

 ・第Ⅰ型(単純型)
  意識障害や脳の器質的変化によると思われる神経的症状を欠く
 ・第Ⅱ型(脳しんとう型)
  意識障害は一過性のもので、脳の器質的障害を思わせる症状はなく、数日で全ての症状が消失する
 ・第Ⅲ型(脳挫傷型)
  受傷直後の意識障害が6時間以上持続する。あるいは意識障害の有無にかかわらず、受傷直後から脳の器質的障害を思わせる症状がある
 ・第Ⅳ型(頭蓋内血腫型)
  受傷直後の意識障害および局所症状があっても軽度であるが、時間の経過で急激に悪化するか、再度出現する

 交通事故のあとは、どのような症状がでるのかわかりませんので、すぐに医療機関を受診して下さい。

交通事故 メニエール病

2017.02.12 | Category: 未分類

みなさんはメニエール病という言葉を耳にしたことがあるでしょうか?
この病気は内耳に深く関係していて、リンパ液で満たされている内耳の調整がうまくいかなくなってしまい、内リンパ水腫が作られて、神経を圧迫されていることによって、様々な症状が発症する病気です。

メニエール病の症状としては、耳鳴りや難聴などの症状が現われて激しいめまいのため立っていることが出来なくなったり、吐き気や嘔吐などを繰り返すという場合もあります。

ニエール病は発症するはっきりとした原因がまだ分かっていない為、誰にでも起こりうる病でもあるとされています。
原因の中にストレスやプレッシャーがあると言われていて、30代から50代の仕事が一番大変な時期の方々に多くみられる病だと確認されていることです。

ストレスを特に感じやすいのは真面目な方で、自分を犠牲にして人の為に働く、また我慢強い方というのはメニエール病になりやすいと言われています。
物事を妥協せずに一生懸命行う方、また人の目をとても気にしている方、沢山のことを一度に行おうとする方などもストレスを溜めやすいとされています。
生真面目で神経質な性格や頑張り屋さんで几帳面などという面が思い当たる方は、自分一人でゆっくりと過ごす時間をもってストレスを溜めないようにしながらメニエール病などを回避していくということが大切です。

また、意外なことに頚椎の歪みなどによってもメニエール病を発症する方が多く、交通事故などの影響でめまいの発作が始まったという事例もありますので、お気を付け下さい。

交通事故 ノーマルタイヤ

2017.01.11 | Category: 未分類

 だんだん寒さが厳しくなってきています。地域によっては積雪があるところもあるのではないでしょうか?
 この積雪は子供なら大喜びかもしれませんが、ドライが-にとってみれば、大迷惑以外のなにものでもありませんよね?しっかり準備しているときに降ったのならまだしも、なにも準備が整っていないときに降ってきたら大変です。ただでさえ交通事故の危険があるのに、ノーマルタイヤならなおさらです。
  
しかも、ノーマルタイヤでの雪道走行が非常に危険なことは当然ですが、なんと交通違反にも該当してしまうという意外な事実をご存知でしたか?スリップなどにより事故を起こしやすくなるばかりか、加えて処分を課せられてしまう可能性もあるのです。
 滋賀県では
 第14条 法第71条第6号の規定により車両等の運転者が遵守しなければならない事項は、次に掲げるとおりとする。
(1) 積雪または凍結している道路において、自動車(二輪の自動車を除く。)を運転するときは、タイヤ・チェーン等をとりつけ、すべり止めの措置を講ずること。
 となっています。

 ノーマルタイヤでの雪道走行はそれ自体が交通違反になるばかりか、他人を巻き込む事故を起こした場合には、より大きな賠償責任を負うことになるということです。そうならないためにも、十分な冬支度をしておく必要がありますね。

交通事故 高齢者

2017.01.04 | Category: 未分類

近頃ニュースでよく耳にするのが高齢者ドライバーの事故で、高速道路の逆走やブレーキとアクセルの踏み間違えなど、今や大きな社会問題となっています。警視庁交通総務課統計によると、交通事故の総件数は年々減少し続け、平成26年は10年前の半分以下になっています。しかし、65歳以上の高齢運転者が関与する交通事故の割合は高くなる一方で、平成26年は、総件数の20.4%を占め、10年前の約1.9倍という結果となっています。

このような事故内容やデータを見ると、高齢者の運転はやはり不安です。しかし、公共交通機関が発達していない地域に住んでいる高齢者は、生活のために自動車を手放すのはなかなか難しいと思います。

現在、運転免許更新をする際には70歳以上の高齢者は「高齢者講習」が、75歳以上の高齢者は、高齢者講習の前に「講習予備検査(認知検査)」が義務づけられています。
この検査で問題があるとされた高齢者が特定の交通違反を行った場合は、警察から専門医の診断を受けるか、主治医の診断書を提出するように求められます。そこで認知症が発覚すると、免許が取り消されるようです。

それ以外にも、自分の運転に自信が無くなったり、ご家族に指摘を受けて免許証を自主返納される方もいらっしゃいます。
運転免許を返納すると、「運転経歴証明書」という証明書を申請できます。運転はできなくなってしまうものの、運転経歴証明書は身分証明書として使えるので、今まで運転免許書で身分証明していた人も安心ですね。

さらに、運転経歴証明書を提示することで、特典を得られるサービスがあります。自治体によってサービス内容に違いはありますが、温泉施設の割引や福祉タクシー券が配布される自治体もあるようですので、高齢になってきたなあと感じた方は、自主返納を考えてみてはいかがでしょうか。

むち打ち ストレッチ⑦

2016.12.19 | Category: 未分類

今回も、交通事故によってむち打ちになられた際に、少し症状が改善してきたときのストレッチについてご説明をさせて頂きます。
前回は、静的ストレッチ(スタティックストレッチ)と動的ストレッチ(バリスティックストレッチ)についてご説明をさせて頂きましたので、今回はその他のストレッチについてご説明をさせて頂きます。
サッカーのウォームアップのときに見られる準備運動などはダイナミックストレッチといいます。
筋肉には縮む筋肉と伸びる筋肉があります。縮む筋肉のことを主働筋といい、伸びる筋肉のことを拮抗筋といいます。この相反する筋肉の関係を利用して行うストレッチをダイナミックストレッチといい、リズミカルに関節を曲げ伸ばしする運動を行い、神経系の活動も利用します。
1人で行うストレッチのことをセルフストレッチといい、2人1組で行うストレッチのことをパートナーストレッチといいます。パートナーストレッチでは1人で行うストレッチよりも、よりリラックスしてストレッチを行うことができ、パートナーによって他動的に筋肉を伸ばすことができるため目的としている筋肉を合理的に伸ばすことができます。
交通事故によってむち打ちになられて症状が改善してきた際には、少しずつストレッチなどで筋肉や関節を動かしてみましょう。

交通事故 見落とし

2016.12.19 | Category: 未分類

 交通事故にあった場合、なぜ事故を起こしてしまったのか不思議に思う場合があります。これは「エルビーエフティエス」(LBSTF)というもので、聞きなれない言葉だと思いますが「確かめたつもりだったが、じつは見落としていた」という意味の英語の頭文字のことなんです。Looked But Failed To Seeというものです。

 英国運輸省の研究報告書によると、イギリスの交通事故では1位が注意の欠如、2位がスピードオーバー、3位がこのLBSTFで、交差点交通事故の21%を占めるそうです。この事故は「止まれ」の標識があるところでドライバーが止まらなかったり、道を譲らない為に発生してしまいます。また、自宅の出入り口付近や小さな交差点でも頻繁に見られます。
 この事故は高齢者や女性に多く見られ、不注意や判断ミス、軽率な行動、無謀運転などの要因の関与が考えられます。

 そもそも注意とはいったい何なのでしょうか?
 私たちは日常生活の中で、様々なものを見ていますが、視界に入ったものすべてを意識にとどめているわけではありません。最近よくTVのクイズ番組で「アハ体験」というものを目にすると思います。これは画面の絵の一部が少しずつ変化しているのを当てるものですが、なかなかわからないのです。他にも数人でボールをパスしている映像を見て、何回パスをしているか当てて下さいというクイズでは、ボールだけに意識が集中してしまい、その間を変な人が行ったり来たりしていることを誰も気づかないのです。

 次回はこの「気付く」ということについてお話しますね。

むち打ち ストレッチ⑥

2016.12.16 | Category: 未分類

今回も交通事故のむち打ちの症状が落ち着いて、改善してきたときのストレッチについてご説明をさせて頂きます。
前回はストレッチの注意点をご説明させて頂きましたが、ストレッチと言ってもいろいろな種類のストレッチがありますので、今回はストレッチの種類について少し説明させて頂きます。

はじめに静的ストレッチ(スタティックストレッチ)というストレッチの種類は、反動や勢いをつけずにゆっくりと気持ちいい程度に伸ばしていき、その状態をキープするのが静的ストレッチといいます。
簡単に行いやすく安全でもっとも一般的なストレッチになります。
2つ目は、静的ストレッチの反対の動的ストレッチ(バリスティックストレッチ)というストレッチの種類で、勢いや反動をつけながら動きの中で筋肉やスジを伸ばしていく方法です。スポーツを行う前などに行うことが多いのですが、勢いや反動がつき過ぎて筋肉やスジを痛めめてしまいケガをしてしまう事もあるので、動的ストレッチを行う際には注意が必要です。
交通事故のむち打ちの症状が改善してきたときには、少しずつ筋肉や関節を動かすことも大切になってきます。その際には、動的ストレッチを行うとむち打ちの症状が悪化してしまうこともあるので、静的ストレッチからゆっくりと始めましょう。

むち打ち ストレッチ⑤

2016.12.16 | Category: 未分類

今回も交通事故のむち打ちの症状が落ち着いて、改善してきたときのストレッチについてご説明をさせて頂きます。
ストレッチをするときの注意点は、
医師から運動を制限されているときはストレッチは控えておきましょう。
骨折や捻挫や打撲など、ケガをして間もないときは、ケガをした場所のストレッチは控えておきましょう。
熱がある時や、強い痛みがある筋肉のストレッチは控えておきましょう。
強い吐き気や下痢など、体調が優れないときはストレッチは控えておきましょう。
食後30分以内止めてお酒を飲んだ後なども、ストレッチは控えておきましょう。
血圧の変動が大きいときもストレッチは控えておきましょう。
寒くて体が冷え切っているときは、筋肉や関節が伸びにくい状態なのでケガをしやすくなっています。お風呂上りなどの筋肉が温かく血行がよいときにストレッチを行うようにしましょう。

交通事故のむち打ちなどの症状が少し改善してきたなら、少しずつ筋肉や関節を動かしてみて、痛みや違和感がないようでしたらストレッチなどを行ってみましょう。ストレッチを行うときは、お風呂上りなどの体が温まっているときにゆっくりと伸ばして水分補給を忘れずに行いましょう。

むち打ち ストレッチ④

2016.12.11 | Category: 未分類

今回も交通事故のむち打ちの症状が落ち着いて、改善してきたときのストレッチについてご説明をさせて頂きます。
ストレッチはスポーツの準備運動になりますが、ストレッチを行うためのストレッチの準備運動もあります。特に寒い時期に行う際には、ストレッチを行う前に筋肉の温度を高めておいてからストレッチを行うと、痛みや違和感なくより効果的に行うことができます。
ストレッチを行う前には水分補給をしましょう。運動や入浴で大量に汗をかいたときには脱水状態になっています。脱水状態ではストレッチの効果も半減してしまいますのでストレッチの前には水分補給をして、より効果的なストレッチを行いましょう。
ストレッチを行うときには、バランスボールやマット、壁や椅子などの身近にある物をうまく使うことで、より効果的なストレッチを行うことができます。関節の動かせる範囲を、身近にある物や道具を使うことでより大きく動かせることによって効果的なストレッチを行うことができます。
交通事故によってむち打ちになどになられて、動かすこともできない状態のときには無理に動かしたりストレッチなどはせずに安静にしていましょう。
むち打ちの症状が改善してきたら少しずつ動かしたり、ストレッチなどをしてみることも大切です。

アクセス

所在地〒520-2143 滋賀県大津市萱野浦24-11 レイクサイドガーデン内
駐車場1,000台程度
電話番号077-545-1176
予約予約優先制
お電話でのご予約が可能です。
休診日火曜日 1日休診
金曜日 午後休診